【引越し屋】軽い気持ちで働いた日雇いの仕事・・仕事をなめるな!そして引っ越し屋さんへ改めて感謝を感じた1日でした。

【引越し屋】軽い気持ちで働いた日雇いの仕事・・仕事をなめるな!そして引っ越し屋さんへ改めて感謝を感じた1日でした。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
32歳

【当時の職業】
派遣社員

【当時の住まい】
主人と夫婦2人で賃貸のアパート暮らし

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今は退職し主婦





【就職のきっかけと経緯】
副業で仕事をしたいと思い、派遣会社に登録し、日雇いで1日働きました。
時給が高かったため、試してみようと思いました。

【環境と仕事内容】
当日は私を含めて3人で仕事現場に入りました。
私以外の2名は社員の方で40代のベテランの方と、10代の若手の方のペアでした。
当日は3件の現場に回り、1件目は平屋の住宅、2件目は3階建てアパートの3階の住宅、3件目は平屋の住宅でした。
定時の17時に仕事が終わらず、残業できるかきかれましたが、体力の限界だったこともあり、定時で上がらせてもらいました。

【大変だった時期】
32歳で初めて経験したとき、本当に体力仕事だなと感じました。




【大変だったこと】
派遣会社から、自宅から近いということで引っ越し屋さんの日雇いの仕事を紹介された時、私自身体力がないことを自覚していたので1度断りましたが、派遣会社の方から、女性の方にはそこまでの力仕事はさせない、主に荷物を段ボールに詰めたり、掃除をしたりなどの作業になると思います、と言われたので仕事に入りましたが、これが全くの嘘で、かなりの重労働でした。
確かに、大きい荷物などは男性陣が運んでくれましたが、私自身も荷物を現場からトラックまで運んだり、何度も荷物を持って階段を上り下りするなど、とても力のいる仕事で、途中で休憩をもらうなど、現場の方には迷惑をかけたと思います。
時給は高かったですが、もう2度と仕事はしたくないと思いました。

【大変だった期間】
1日しか行きませんでした。




【当時の心境】
今でも当時の引っ越し屋さんを見かけると、大変だったなぁとしみじみ思います。
たった1日でしたが、体力のない私にとって、人生で1番きつかった経験だったと思います。
派遣会社の方にも、他にも同じきつい思いをする人が出ないよう、仕事内容は正確に伝えてほしいと訴えました。

【職場が大変だった原因】
引っ越し屋さんの方には何の落ち度もなく、とても親切にしてくださったと思います。
1番の原因は、派遣会社の方が仕事内容を偽って働かせたことだと思います。




【仕事で良かったこと】
とてもきつく、1件目が終わった時点でクタクタで、ペアの方々に足を引っ張ってしまい申し訳ありませんと伝えたところ、最初から出来る人はいないから大丈夫だよと優しくフォローしてくださいました。
早く帰りたい気持ちもありましたが、ペアの方々のフォローがありがたかったです。




【特にひどかった最悪の出来事】
2件目の3階建てのアパートの現場が1番大変でした。
ただでさえ1階から3階まで上り下りするのは大変なのに、その上お客様の荷物を抱えて何度も往復しないといけなかったので、重さと、プレッシャーに押しつぶされそうになりました。
また、当時はコロナ禍ではなかったのですが、現場がまさかの普段仕事している職場の近くだったため、知っている人にばれないようマスクを着けて作業していたため、息苦しく、余計に体力が奪われて行きました。
あまりにきつかったため、休憩時間ではありませんでしたが体が動かず、少し休ませてもらいました。
小遣い稼ぎのためにと思って行きましたが、生半可な気持ちで仕事をするものではないと身につまされる経験となりました。




【相談した人・助けてくれた人】
家に帰ってから、主人にその日1日どんなことをして、どれだけ大変だったか延々と愚痴に付き合ってもらいました。
主人は現場の人に迷惑をかけたね、お疲れ様でした、と言ってくれ、今後は無理をしなくていいよと言ってもらいました。

【改善のための行動】
今回の大変な思いをした原因は、派遣会社の方から聞いていた仕事内容と実際の仕事内容があまりにも違っていたからです。
今後このようなことが無い為にも、どれだけ大変で、仕事内容が違ったか派遣会社の人に訴え、改善してもらいました。




【現在の状況と心境の変化】
現場に入った日から2年以上たちましたが、あの日以来日雇いの仕事にははいらないようにしました。
当時はマイホーム資金の少しでも足しになればと思い、やる気満々で仕事をしようと思いましたが、無理をして体を壊したり、本業に支障が出ては意味がないと思い、辞めました。
仕事は小遣い稼ぎではなく、きちんと真剣に取り組まなければならないなとこの年になって改めて感じさせられました。

【学んだこと】
実際に仕事をするまで、引っ越し料金は高いなと思っていましたが、とても大変な仕事なので適正な料金だなと思うようになりました。



【当時の自分へのアドバイス】
安易に仕事を引き受けないこと、そしてもっと体力をつけようと伝えたいです。
もちろん大変ではありましたし、もう2度と引越し屋さんの仕事をすることは無いと思いますが、この経験をきっかけに、体力づくりのために少しづつ運動をするようになりました。
また、大変な分、お給料もたくさんいただけたので、きちんとそこは評価してくれる業界なんだなと感じました。