【引越し屋】初めての派遣労働で驚愕。倒れる覚悟で挑む休みなき荷物運びの引っ越し業。

【引越し屋】初めての派遣労働で驚愕。倒れる覚悟で挑む休みなき荷物運びの引っ越し業。

【性別】男性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
18歳

【当時の職業】
派遣労働者

【当時の住まい】
実家での一軒家で親と同居

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、同じ業種の別の職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
体を動かすことがもともと得意だったっことと、陸上でお筋力トレーニングを行っていたので、お仕事しながらトレーニングできると思い引っ越し会社の派遣労働を選択しました。

【環境と仕事内容】
お客様の自宅に伺い、荷物の搬出入作業。
その後会社に戻り、行き先別に荷物を整理。
社員の人数はわかりません。
現場に1人といった形でした。
日勤での労働で概ね10時間程度でした。
お客様は一緒に荷物の整理を行ってくださる方が多かったように感じます。
給料は日当10,000円ほどで休憩はお昼休みと、現場に入るまでといった形でしたので、ある時とない時の差がありました。

【大変だった時期】
一番大変だったのはやはり初めのころでした。




【大変だったこと】
現場監督に当たる社員さんが非常に厳しい方で、初回から怒鳴るような指示の仕方が多かったです。
もちろん現場ごとに社員さんが変わることがありましたが、総じて厳しい方が多かったように感じます。
一番しんどいと感じた現場は、大学校内の使用教室のいどうでした。
もちろんエレベーターなどなくすべて階段でのアップダウンで、疲れて休んでいようならすぐに怒られます。
休憩は社員さんの配分なので、基本的に作業中の休憩などはなく、ぶっ通しでの作業がほとんどでした。
もちろん夏の気温などお構いなしです。
また、基本的には、現場作業が終了するとそのまま帰宅なのですが、当時は多少の労働時間の延長などザラでしたので、その後会社倉庫に戻り
業務内容にない倉庫整理も追加で労働させられていました。
その現場もひどく、今はないと思いますが、お客様のお荷物とは思えないようなとりあつかいでした。

【大変だった期間】
勤続が1年でしたので1年しかわかりません。
1年は一緒でした。




【当時の心境】
正直トレーニング目的でもあったので、多少の疲れは覚悟していましたが、休憩は必要です。
社員さんともう少しコミュニケーションを取れたらいいなと思いながら、出勤していました。
それでも、多くの仲間に出会えたことは大きな成長になったと覆います。

【職場が大変だった原因】
基本的に現場の社員さんのさじ加減なので、もう少し会社での作業プランなどを組んでローテーションで休憩があったほうがよかったです。




【仕事で良かったこと】
お客様に「ありがとう」「早かったね」「暑いのに大変でしたね」などのお声掛けを頂けたときは嬉しかったです。
また、お客様によってはチップを下さったり、コーヒーを差し入れして頂けたりと、気持ちよくなることは多かったです。




【特にひどかった最悪の出来事】
先述もしましたが、大学内のお引越しで、全てが重量物でしたので疲労はすごかったです。
また、真夏ということもあり、灼熱の暑さの中、休憩時間もろくに取れず、本当に倒れてしまうのではないのかと思うほどでした。
人数も確か10人いるかどうかでした。
確か、階数も3,4階でしたので走って登っては重いものを持って降りるの繰り返しで
重量物は二人一組で運びますが、社員さんとマッチしたときはさいあくでした。
もちろん勤続が長い分段取りがよいのですが、息が合わないとやはり私たち下っ端のせいにされ、時には舌打ちをされることがあったのも覚えています。
搬入後もすぐさまレイアウト通りに素早く行動しないと、次の荷物が搬入できないので、焦りながら設置しました。
昼休憩は少しありましたが、当日終了作業でしたので、日が暮れるまで走り回った記憶があります。




【相談した人・助けてくれた人】
特に人に話すことはありませんでしたが、一緒に働いていた仲間たちとはよく会話しました。
主に仕事のことでは会話はありませんでしたので、そこまで仕事で追い詰められた記憶はありません。
ですが、共に働くことで元気は出ました。

【改善のための行動】
社員さんの仕事の仕方を目で見て覚え、実践することでだんだん怒られる回数が減っていったことはうれしく感じました、その結果指示をもらう前に自ら行動する力が自身に身についたことは財産だと思います。
大きな失敗をした記憶、邪魔してきた人はいませんでした。




【現在の状況と心境の変化】
職場を離れてから10年ほど経過しました。
ですので、現在の職場環境についてはお答えできません。
派遣でしたので1年ほどの勤続でしたが、当時の厳しさのおかげで、自分自身で考え行動することができるようになり、現在の職場でも大変訳立っております。
私生活はとても充実しております。
結婚もし今は楽しい気持ちでいっぱいであります。

【学んだこと】
忍耐力と、プロフェッショナルを学びました。
また、自身で行動する力も身に付き、仕事や生活でも都度やり方などを考えるようにできた。



【当時の自分へのアドバイス】
当時の自分には感謝しています。
初めて会う方にもどんどんと言葉をかけ、人見知りすることなく環境をよくできていたと思います。
職人肌の人が多い中、人とかかわることが好きだった私は、一緒に働く仲間同士をつなげ、会話を広げることで、職場環境をよくできたと思います。
アドバイスとするのであれば、もう少し勇気を出して社員さんに突っかかってもよかったかもしれません。