【引越し屋】転職のつなぎの金銭目的のバイト。常識のない人ばかりの現場。話は合わない、作業内容の説明も雑と大変でした。年度末は忙しいです。ずっとやるものでは無いですね。

【引越し屋】転職のつなぎの金銭目的のバイト。常識のない人ばかりの現場。話は合わない、作業内容の説明も雑と大変でした。年度末は忙しいです。ずっとやるものでは無いですね。

【性別】男性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
31歳

【当時の職業】
バイト 引っ越し現場業務

【当時の住まい】
賃貸アパートでの独り暮らしでした。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、違う業種で働いている





【就職のきっかけと経緯】
当方システムエンジニアをしております。
当時不景気により転職先が見つからず、つなぎで日銭稼ぎの為に行ったバイトでした。

【環境と仕事内容】
週6日勤務です。
職場集合し、現地へは引っ越しトラックで向かう形式でした。
作業内容は梱包、手作業や荷台を使っての荷物の運搬です。
人数は客との見積もりで決定した人数2人?10人まで。
役職はバイト、1番動くところです。
お客さんは基本立ち会いのみ、確認するだけです。
日勤がほとんどですが週末は夜勤もありました。
休日は週一回、スケジュールに沿っての休み。
給与は時間に関係なく手渡し1日8000円でした。

【大変だった時期】
一番大変だったのは初めた当初です。




【大変だったこと】
口の利き方のなっていない自分より若い連中に作業を押し付けられ文句を言われる事が多く腹立たしかったですね。
休みは基本移動時間のトラックの中でした。
とはいえお茶を飲むくらいのみです。
上に書いた連中は話が全く合わず、休みに話すこともあまりありませんでした。
同じようにつなぎでのバイトをしていた同世代の人とはよく話をしましたが…
会社の仕組みも数名の社員で回しているだけで電話と書類書きくらいの簡単そうな仕事をしているだけに見えました。
得るものがほとんどなかったのが一番きつかったかもしれません。
あと、調整不足のせいで突発の業務がちょいちょい入ってきて急に作業が増えたり長引く事がありました。
自分の予定は無視されますのでその辺りのブラックなのは大変でした。

【大変だった期間】
年度末の前後二ヶ月間と大型連休、夏休み冬休みが大変でした。
仕事の山と谷がはっきりしている作業現場です。




【当時の心境】
あくまでつなぎでのバイトと割り切っていたので偉そうなリーダーなどとの付き合いもほぼしませんでした。
その間に本来の業務の資格を取り転職活動を行い、オフシーズンだったこともあり何事もなく辞められたので良かったです。
とにかく働けばお金を貰えたので助かりましたが業務が自分に向いていないことを確認できたのでよかったです。

【職場が大変だった原因】
業務開始前日に必要なものを伝えられたのみでレクチャーは何もなし。
一言教えて貰えればわかることも言わない。
見て覚えろっていう感じです。
(そもそも教える、人にものを伝えるということが決定的に下手な人ばかりでした)
会社の体質だと思いますが、社員さんとの話では業界どこも変わらないとのことだったので仕方ないのかもしれませんが。
改善するつもりは無いようでしたね。




【仕事で良かったこと】
重いものを運ぶ事で筋肉は付きました。
パソコンの前でマウスより重いものを持たず、キーボードを叩くことしかしていなかったのではじめの一週間は筋肉痛が酷かったですが、暫くすると腕の筋肉が明らかに太くなるので見ていて楽しかったです。
得られるものは他にほぼなかったです。
やりがいは作業終了後に貰えるお金が一番でしたね。




【特にひどかった最悪の出来事】
一番きつかった思い出ですが、自分はホコリアレルギーや猫アレルギーが多少あります。
たまたま向かったお客さんの家は広めのマンションだったのですが、部屋の掃除をあまりしない家族だったようでゴミ屋敷ではないのですがカーペットの端の方はホコリと猫の毛が山になるくらい溜まっている家でした。
引っ越し作業を始めて10分もするとマスクをしていても涙と鼻水が止まらなくなり、持っていたポケットティッシュは全て使い果たし涙と鼻水をたれ流しで半日作業を行いました。
せめて掃除機を少しかけておいてくれればこんなことにならないのに…とフラフラになりながらやったことが一番大変でした。
尚、心付けみたいなものが社員に渡されていましたがこちらには缶コーヒーを一人一本渡したのみで残りは全て懐に入ってましたね…




【相談した人・助けてくれた人】
親にはアパート暮らしでの生活が回せているのか心配され、よく相談には乗ってもらいました。
業務の改善などは難しいことを伝えていましたので、次の転職先の紹介をしてもらったり生活のための援助をしてもらったりしていました。
社員は頼っても全然効果がないのですぐに諦めました。

【改善のための行動】
郷に入っては郷に従えと言いますが、黙々と言われた作業をこなすことで、面倒な指示も減りムッとするような言われ方は減りました。
当初は現場業務についてバイト入った時のメンバで社員に苦情入れましたが全く効果ありませんでしたね。
嫌な人はどんどん辞めていきましたし。
辞めるのも一つの手段でした。
自分は生活のためと割り切っていたので耐えましたけど。




【現在の状況と心境の変化】
自分はその後無事希望する職種に転職が決まり1年位で辞めました。
満足感はありませんでしたが過去の少ない貯金と当日払いの現金でなんとかしのげましたので良かったです。
現在もその会社は残っているので昔のやり方を踏襲したまま変わらずやっていて残れるものなのかな?と少し心配にはなりましたが、全く関係することは無いので気にしていません。
もう一度やりたいとは思えないのでいい経験させてもらえたとは思っています。

【学んだこと】
ある程度の年長者を用いて組織を回すことが必要であること、常識を持った人を必ずひとグループに一人は入れることが必要であること。



【当時の自分へのアドバイス】
すぐにお金が必要だった為、飛びついてはじめたのは良いけど下調べ(友人達に内容を聞くなり)は一通りしてから決めるべきです。
体力自慢の人ならば問題ないのかもしれませんが肉体労働はやはり大変疲れます。
特に開始から一週間は覚悟しないと本当にキツイです。
汚部屋なんかも普通にあるので自分を守る為に必要なものは何なのかということを考えて準備しておくのは大事です。