【引越し屋】登録制アルバイトで、お給料に釣られて引っ越しのアルバイトをしたらえらい目にあった話。

【引越し屋】登録制アルバイトで、お給料に釣られて引っ越しのアルバイトをしたらえらい目にあった話。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
18歳

【当時の職業】
単発アルバイト

【当時の住まい】
実家のマンションで家族と同居

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
その他





【就職のきっかけと経緯】
登録制アルバイトの会社に登録し、空いている日に仕事を紹介して頂きました。
お給料が良いと聞き、引っ越しのお仕事を選びました。

【環境と仕事内容】
登録制アルバイトなので、空いている日に依頼があるお仕事から振り分けられるかたちです。
10時間で1万円以上の日給に釣られて受けました。
一般家庭の一軒家の引っ越し作業で、お客さんはちょっと神経質だけど優しい雰囲気のご家庭でした。
おまかせパックの様なコースで、箱詰めから全て引っ越し業者に依頼されていました。
本来の引っ越し業者の社員さんは1人で、あとは私含め4人が登録制アルバイトから派遣され、全員女性で作業しました。

【大変だった時期】
1日だけの単発アルバイトですのでその日だけです。
別の日にも引っ越しのお仕事依頼がありましたが断りました。




【大変だったこと】
同じく登録制アルバイトで派遣されて友達同士で来た二人が、楽な仕事しかせず、それもすごく雑に扱うのでお客さんが怒ってしまい、お客さんは全員引っ越し業者の社員だと思っていた様で、私まで怒られてしまいました。
当初10時間の予定でしたが、作業が終わらず残る羽目になり、その友達同士で来た人達は予定があるからと帰ってしまいました。
結局12〜13時間、ほんの少しの休憩時間で働きました。
当初聞いていたお仕事内容は、箱詰めなど簡単な作業だけ・日給1万円以上・10時間の筈だったのですが、実際は箱詰めだけじゃなく、重い家具などの解体や運ぶのもやらされました。
交通費は支給されず、20分程のお昼休憩の分で1時間分の時給が引かれ、残業代もつかず…お給料が振り込まれてみたら9000円。
詐欺にあった気分でした。

【大変だった期間】
その登録制アルバイトでは3回ほどお仕事をしましたが、どれも当初の約束とは話が違うもので、3回目の引っ越し作業ではかなり話が違かったのでそれきりそこで仕事をするのを辞めました。




【当時の心境】
単発アルバイトですので引っ越しは1日だけなのですが、場所なども事前に住所しか知らされず、当時スマホもない時代だったのですごく不安でした。
道に迷いながらやっとのこと着いたけど、登録制アルバイトの会社からは何のフォローもなく、派遣先の引っ越し業者の方が優しくフォローして下さいました。
当初の仕事内容やお給料と聞いていた話が全然違うので、その後登録していた会社で働くのを辞めました。

【職場が大変だった原因】
単発アルバイトですから引っ越し作業に慣れていなく、いきなり派遣されるわけですから時間が延びるのは仕方なかったと思います。
でもフォロー体制もない・約束したお給料も払わない会社は信用できませんでした。




【仕事で良かったこと】
お昼休憩とは別に夕方頃「ちょっとお茶でも飲んで休憩して下さい」とお客さんからお茶とお菓子を頂き、5分程座ることが出来ました。
引っ越し業者の社員の女性も大変だったとは思いますが、アルバイトにもきちんと目を配って優しくフォローして下さり、不安な中でも少しほっと出来ました。




【特にひどかった最悪の出来事】
やはりお給料の面でがっかり悲しい気持ちになりました。
派遣会社を通してなので、話が違うといっても取り合ってもくれず、電話で口頭で仕事内容やお給料も言われた為証拠もなく泣き寝入りするしかない状況で、本当に詐欺にでもあったような気持ちでした。
頑張った分が全く報われなかったです。
その件以降登録制アルバイトを辞め普通のアルバイト先を探し雇用してもらいましたが、あんなに酷い体制はあの会社だったからだなと思いました。
案の定その登録制の会社は何人かに訴えられたようで倒産したそうです。
そのことを後から聞いて、驚いたのとやっぱりなと思いました。
私もきちんと訴えていれば、差額分くらいは支払ってもらえたのかなと更にがっかりしました。




【相談した人・助けてくれた人】
同じ会社に登録した友達には愚痴を聞いてもらいました。
その友達はそこまで話が違うような仕事を受けたことがなかった様で驚いていましたが、気持ちを共感してもらえたことで少し気持ちが楽になりました。
母にも相談しましたが、登録制のアルバイトなんてそんなもんだよ、いい話なんてないと思いなさいと言われました。

【改善のための行動】
引っ越し業者の方が私の仕事ぶりを気に入って下さり、派遣会社を通してではなく直接うちでアルバイトとして働かないかと言ってくださいました。
うれしかったのですが、1日でもしんどかったのでお断りしました。
登録制アルバイトも辞め、別のアルバイトをしました。




【現在の状況と心境の変化】
それから20年近く経ちます。
あの時引っ越し業者のお話を受けていたらどうしてたかなと考えることもありますが、今は別のアルバイトをして良かったと思っています。
でも、当時若くて右も左もわからない状態だったので、そういう会社もあるんだなと知れたことは今に活きてると思っています。
新しい所で働く時はしっかり下調べするようになりました。

【学んだこと】
登録制アルバイトでは割のいい仕事はないと思って、空いた時間にちょっとしたお小遣い稼ぎくらいの気持ちでいた方が気も楽だしがっかりしなくて済むなと思うようになりました。



【当時の自分へのアドバイス】
しっかり仕事をしているのは必ず誰かが見てくれていて、自分に返ってくる。
けれど、あまり自分を犠牲にして無理したり我慢したりし過ぎてもそれも自分に返ってくるから、ほどほどにね。
そして、働く先は自分の目でしっかり見極めてから決めよう。
若いんだから登録制アルバイトじゃなくても働き口はたくさんあるから、きっと自分に合う所が見つかるよ。