【引越し屋】男女差別すごい!募集要項と実際の現場のギャップがありえなかった話!

【引越し屋】男女差別すごい!募集要項と実際の現場のギャップがありえなかった話!

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
21歳

【当時の職業】
バイト

【当時の住まい】
賃貸だ一人暮らしでした

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、違う業種で働いている





【就職のきっかけと経緯】
その時は稼げるバイトを探していて時給が良かったからです。
女性でも絶賛募集中という項目があり応募しました。

【環境と仕事内容】
女子だったので大きな荷物を運ぶのは男性に任せて私は主に荷造りの手伝いや段ボール運びなどを主にしていました。
職員は少なく、男性がほとんどでした。
バイトだっだため土日しか入れませんでしたが面接の際はそれでも大丈夫だと言ってくださったため承諾しました。
お客様とのお話し相手などもよくしていました。
とくに家族で高齢の方などは作業しながらもお話を聞く係としてよく話していました。

【大変だった時期】
3ヶ月ごろからです。




【大変だったこと】
まず、男女差別がすごかったです。
私は引っ越しでバイトする以上できる限りのことはやるつもりだったのですが、周りは男性ばっかりだったので、いいよなお前は女やから重いもの持たなくて、とか話し相手するだけで金もらえていいよななどの社員からの暴言、わざと足をかけて転ばせたりしてお客様の大切な荷物を傷つけようと故意していたことにすごく腹がたちました。
たしかに男性よりはひ弱なのでできることは少なかったかもしれませんが、その分できることはお金をもらっている以上精一杯やっていました。
ですが、バイトの男子などはそれが気に食わずよく嫌味を言われました。
また、お客様とのコミュニケーションを大事にしてほしいと面接してくれた方かれ言われており、私が最初の説明やお話を主にしていましたが、すこしでもつまづいたりするとよく馬鹿にされました。

【大変だった期間】
バイトとして1年ほど勤めましたが、半年ぐらいはその状況でした。
ですが、年月が経つにつれてなくなりました。




【当時の心境】
その時はバイトやし時給いいしということで苦痛ではありましたが、すぐ辞めたというのが負けたような気がして嫌悪感はありましたがやり続けていました。
それでメンタル強くなったのかなと思うので、今思えばいい経験だったのかなと思います。

【職場が大変だった原因】
原因は仕事場の雰囲気にあったのかなと思います。
どうせ女が、、、という社員の固定概念もあってそれがバイトにも伝わってたのではないかと思います。
わたしもその時は引っ込み思案であまり自分の意見が言えなかったのでわたしにも非はあったと思います。




【仕事で良かったこと】
お客様からあなたが来てくれて楽しかった、安心したなどと言って下さってすごく嬉しかったです。
その笑顔で、私はお客さまの笑顔が見れる仕事につきたいと思うきっかけにもなりました。
わたしにもできることはあるんだと思われてくれました。




【特にひどかった最悪の出来事】
男性からのいじめのようなもので1番忘れられないエピソードは、わたしがお客様とお話をして作業をしてるときに、正社員でもある人が、お客さまに向かって、こいつ全然仕事できないんですよと口をこぼしていたところです。
たしかにわたしはその頃仕事ができなかったかもしれませんが、それをお客様に言ってしまうと頼んでる側からしたら不安になってしまうし、自分のところで働いているバイトを貶すようなことを言ってなんの得にもならない。
ましてや会社の評判を落としてしまうのになぜそんなことを言うのだろうととても不愉快でした。
その時はすみませんと笑顔で対応しましたが、お客さまもどう反応していいか困ってらっしゃるようでした。
どんなことを言われても気にしてませんでしたが、さすがにお客様に対していうのは違うのではないか、と今でも最悪な思い出として残っています。




【相談した人・助けてくれた人】
愚痴は友達に漏らしていましたが、上の件の時は流石に面接していただいていた方に言いました。
その後その社員は注意を受けたようです。
面接していただいた方には感謝していますし、わたしはバイトの中でも欠かせない存在だと言ってくれてすごく嬉しかったのを覚えています。

【改善のための行動】
努力したこととしては、結果で返すしかないと思ったので、誰よりも注意事項やお客様に対して説明することは社員が言ってるのを聞いていち早く覚えましたし、お客様が安心して引っ越しを任せて頂けるように私たちが会社として気をつけていることを言えるようにしました。




【現在の状況と心境の変化】
今はバイトを辞めましたが、辞める頃にはバイトの女子の後輩にアドバイスしたりと、男女差別は無くなってきた方ではないのかなと思っています。
最初はめちゃめちゃ辛かったですが、結果的には辞めた今でも連絡を取る友人ができたりと、とてもいい経験となっています。
お客さまの笑顔を見れるところで働きたいと思うきっかけにもなったのですごく感謝しています。

【学んだこと】
募集要項と実際の職場環境ではギャップがあり、それが社員やアルバイトに共有されてないということを学びました。



【当時の自分へのアドバイス】
アドバイスするとしたら、最初の方からもっと社員さんやバイトの子らとコミュニケーションを取っておいてほしいと言いたいです。
男性ばかりで入りづらかったと思うけど、最初からコミュニケーション取ってお互いを知ることで、嫌味などは防げたのかなと思います。
その頃は社会経験もなかったため敬語の使い方などもうすこし勉強しておいて欲しいなと思います。