【引越し屋】社会人になって思う!春休みの間1か月だけバイトしてみたけどブラックすぎてもうやりたくない!

【引越し屋】社会人になって思う!春休みの間1か月だけバイトしてみたけどブラックすぎてもうやりたくない!

【性別】男性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
23歳

【当時の職業】
バイト

【当時の住まい】
実家の一軒家で親と同居

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、違う業種で働いている





【就職のきっかけと経緯】
学生時代の春休みに暇だったため、自由な日に行けて時給もそこそこ高かったため応募しました。
また、部活で鍛えた体力にも自信があったためです。

【環境と仕事内容】
私はアルバイトとして働いていたので、引っ越し際にトラックのドライバーと一緒に引っ越し先に行き、家具を運び出し、新居に運び入れるという仕事をしていました。
県外に出て引っ越しということもあったので、移動時間が長かったです。
家具を運ぶ際には傷をつけないように慎重に扱っていました。
1つのトラックに2〜3人乗り、引っ越し作業を行いました。
夜勤はなく、日勤

【大変だった時期】
残業が多く、定時に帰ることが出来たのは初日のみであった。




【大変だったこと】
大変だったことはいくつかあります。
1つ目は移動中に寝てはいけないということです。
トラックの移動は長時間あり、眠くなってしまうのですが、移動中も勤務時間だからという理由で寝ることが出来ませんでした。
2つ目は残業の多さです。
求人では16時までと書いてあるのですが、16時で終わることはほとんどなく、16時を過ぎていても次の引っ越し先に向かって作業するということが普通でした。
帰りが最も遅かったときは23時過ぎでした。
私はバイトであり、次の日休みだったので良かったですが、社員の人たちは次の日も仕事があると思うと大変です。
3つ目は、労働が大変ということです。
引っ越しは家具が多く、重いものも多いため、運び出すだけでも大変でした。
特に階段の上り下りがあると体力がなくなり、きつかったです。

【大変だった期間】
1か月間続けて、学校が始まったため、やめました。




【当時の心境】
朝も早く、帰りも遅いため、とてもつらかったです。
バイトなので、好きな時に休めたので、それだけが救いでした。
また、引っ越し先に向かう際には休憩が結構多くあったので、疲れていてもなんとか働くことが出来ました。
残業が増えれば増えるほど給料が多くなっていたのでそれはうれしかったです。

【職場が大変だった原因】
大変だった原因としては会社の体質だと思います。
3月ということもあって引っ越しは1日にたくさんの人が利用するため、忙しく、大変でした。




【仕事で良かったこと】
やりがいは、お客様から引っ越しをしてくれてありがとうと言われた時です。
引っ越し作業は大変で体力も精神力も必要ですが、作業をすべて終えた後にきれいになった部屋を見てお客様から言われるありがとうの言葉がうれしかったです。




【特にひどかった最悪の出来事】
一番思い出に残っているのは、トラックに2人でのって引っ越し作業を行った日のことです。
その日はバイト3日目でありましたが、まだ仕事を覚えられていないときでした。
その日はこれまで3人でトラックに乗っていたのが2人で乗ることになりました。
その際に運転手の方と少し話をしたのですが、朝で眠かったこともあり、だんだん無言になってきました。
すると、運転手の方は、眠くなるから話しかけてと言ってきました。
初対面で話題もなかなかない中で話すことも思いつかなかったので、あまり話さないでいるとそんなことだと社会人では通用しないといわれました。
その時はムカついてしまい、ずっと話さないでいました。
すると、自分は上司と話がうまくできるから出世できたなどの自慢話をされました。
つまらなかったので無視していました。
なぜ話さないのかといわれ、特に理由はないと答えると、仕事に興味があってバイトしているんじゃないかといわれ、仕事のことを教えてくれると言い出しました。
バイトで入ってるわけで仕事自体に興味はなかったのでとくに質問もしませんでした。
その後、トラックの中の雰囲気は最悪でした。
ようやく帰りになり、トラックから降りた際には他の従業員の方から顔がすっきりしているといわれました。




【相談した人・助けてくれた人】
バイトだったため、同じバイト仲間と同じ引っ越しの場所になった時には愚痴を言い合っていました。
その時に話した人は私と同じ意見であり、やはり引っ越し屋はブラックであるということを再認識しました。
一緒に愚痴を言いながら荷物を運んでいました。

【改善のための行動】
引っ越しの作業自体大変であり、丁寧に運ばないといけなかったため、最初はなかなかうまくいきませんでした。
しかし、先輩方の作業を見ながら、よいやり方を学んでいき、バイト最後の頃には初めに比べて作業の効率、丁寧さともにレベルアップできました。




【現在の状況と心境の変化】
バイトを辞めてから4年ほど経ちましたが、今思い出してもブラックだったと思います。
残業が多すぎて毎日のように作業はあるので、それだけでも会社に行きたくなくなります。
今は普通の企業に勤めていますが、引っ越し業を選ばなくてよかったと思っています。
ライフワークバランスは全く取れていませんし、休日はいつあるのかと思ったくらいです。
飲み会のネタにはちょうどいいです。

【学んだこと】
作業は大変ですが、その中でいかに丁寧に効率よくやることが大切かを学びました。
また、疲れていても仕事はしっかりやらなければいけないことも学びました。



【当時の自分へのアドバイス】
バイトは大変ですが、その分給料はもらえるので頑張ってください。
続けていき、終わったころには家具の運び方を覚えています。
また、体力もついています。
夜遅くに帰ることも多いですが、次の日は休みでたくさん寝ることが出来るので頑張ってください。
社会人になれば引っ越しのブラックさを痛感でき、話のネタとしても話せるので、とりあえず、頑張りましょう。