【引越し屋】重い荷物持つの大変だったね!!けどみんな優しかったよね!?すごく最高でした!本音ではまたあそこで働きたい!!

【引越し屋】重い荷物持つの大変だったね!!けどみんな優しかったよね!?すごく最高でした!本音ではまたあそこで働きたい!!

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
18歳

【当時の職業】
バイト

【当時の住まい】
1番大変だったのは老人の一人暮らしの家です。
捨てられない老人が多かったため亡くなったときに
物を処分したりするのが大変でした。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今は退職し主婦





【就職のきっかけと経緯】
高校3年生のときにバイトをしていました。
志望動機は単純にお金が欲しかったからです。
簡単に採用されそうなところに応募しました。

【環境と仕事内容】
女性だったのでおもに
この段ボールには何を入っているかなどの
確認作業や料金の説明でした。
ですが人手が足りないときは男性と同じように
冷蔵庫や洗濯機を持つ作業をさせられたこともあり
そこが1番大変でした。
ですが幸いなことに私が働いている企業の男性たちはみんな優しくしてくださり
サポートも手厚かったです。
細かいことをたくさん教えていただきました。

【大変だった時期】
応募求人には女性なので軽作業のみと書かれていたが
実際働いてみると男性同様に重い作業も強いられて大変でした。




【大変だったこと】
重い運搬作業です。
上にも書きましたが基本的には
事務処理というかお金の説明や
物の確認ですが時には運搬作業を手伝うことが
多くあったので大変でした。
お客様でも若い子には何を言ってもいいと
思ってる方もいらっしゃって、私が
高校生のアルバイトと聞くと舐めた態度で
接して来る方もいました。
時には中年の男性に2人きりになったとき
連絡先を渡されたりお尻をポンっと触られることもあり
すごく不快な思いをしたこともあります。
同じ職場の男性社員が気づいたときは助けてくれましたが
仕事をしにきてるので笑ってやり過ごすこともありました。
職場の人間関係には恵まれたのですが
たまにそーいうお客様もいて不快になることもありました。
たまに地獄の日もありました(笑)

【大変だった期間】
大変な時期は私にはありませんでした。




【当時の心境】
私の職場は比較的にみんな優しくて
頼り甲斐のある方たちばかりだったので
バイトがある日は意外かもしれませんが
楽しく過ごすことが出来ました。
辞める時には正社員にならない?と声をかけてくださいました。
とても楽しかったです。

【職場が大変だった原因】
私の経験上ではお客様と接するのが大変でした。
あとはそんなに大変だと思ったことはありません。
夏の暑い日ぐらいですかね。




【仕事で良かったこと】
何も無い部屋に徐々に家具が積み重なっていく瞬間や、逆にたくさんある部屋から家具が無くなっていく瞬間は
悲しいような切ないようなそして時には晴れやかになるような気持ちになりました。
特に新生活を迎える方には
すごく応援したくなっていましたね。




【特にひどかった最悪の出来事】
上にもかきましたが男性からのセクハラです。
すごく優しい方もいればすごくいやらしい言葉で
話してきたり男がたくさんいるからこの職場にしたの?
と言われたこともありました。
一度だけお客様に言い返したことがありますが
お店にクレームの電話がかかってきてしまい
上司の方々には大変ご迷惑をおかけしました。
男性がいるからこの職場にしたの?という
斜め上の発想には私もすごく驚いた記憶です笑
70代ぐらいのおじいちゃんにお尻を触られた記憶もあります。
引越し業者に女性がいると舐められることが多いので
あまり私的にはこれから働こうと考えている方には
おすすめできないかもしれません。
そんなのを跳ね除ける人でなければ少し厳しいかもです。




【相談した人・助けてくれた人】
上司の方々が大変優しい人たちばかりだったので
いつも助けてもらっていました。
個人的には連絡先を交換してたまに今でも
飲み会などに参加させてもらうこともあります。
ですが私のような例はあくまで稀だと思います。

【改善のための行動】
やっぱりどの仕事でも言えることは
人に相談するってことだと思います。
自分だけで抱え込んでしまうと解決することも
解決せずに自己嫌悪に陥ってしまうからです。
これはどこの職場でも言えることなので
私に限ったことではないです。




【現在の状況と心境の変化】
いつかまたあの職場に恩返しをしたいと思っています。
就職先は違うところに就職しましたが
私が働いていた業者がいかに働きやすくて
過ごしやすい環境だったか入社した会社と比べて分かりました。
何回も言いますがあくまで私のような例は稀だと思いますがあの職場で人に頼るということを学びました。
機会があるならもう一度あのメンバーで働きたいです。

【学んだこと】
働くこと、お金を稼ぐことは並大抵のことではないということです。
これはどの職場でも言えることだと思います。



【当時の自分へのアドバイス】
あのときは周りの先輩たちがとても優しい人たちだったのでアナタは働けていたんだよ!っていうことを伝えたい。
本格的に社会人になってこんなに理不尽な人たちがいるのかってくらい思い知らされたと思うけどそしたら
あのアルバイトで優しくしてくれた人たちを思い出して
あの人たちのような社会人になるということ胸に頑張って働いてね。