20歳で引っ越しバイトを経験!唯我独尊の正社員に振り回され苦労した話。

20歳で引っ越しバイトを経験!唯我独尊の正社員に振り回され苦労した話。

【性別】男性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
20歳

【当時の職業】
バイトで業務内容は、事務所やアパートへのデスクや椅子等の搬入

【当時の住まい】
住んでいたのは、親と一緒に実家に住んでいました。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、違う業種で働いている





【就職のきっかけと経緯】
私の友人が元々そこの職場で、バイトしていました。
その友人とバイトできたら楽しいのではないかと思ったことに加えて時給も良かったからです。

【環境と仕事内容】
職場環境としては、各現場ごとに正社員二人と私たちバイトの人間が一人又は二人に加えて派遣の方が数人で仕事を回していました。
仕事内容としては、主に事務所やアパート時には大学などに机や椅子といった家具や冷蔵庫や電子レンジといった家電を運ぶことがメインでした。
仕事の時間は、基本夜勤はなく日勤がほとんどでした。

【大変だった時期】
20歳の大学2年生から初めて、すぐに大変でした。




【大変だったこと】
職場で大変だったことは、正社員の方に癖がありすぎるかたがおり、その方と一緒に現場に回る時は大変でした。
基本的に俺のいうことは聞けという精神なので、効率的でない運び方だと感じた時にこちらが臨機応変に動いて運ぼうとしたら怒鳴られたりと私の聞く耳を持ってもらえなかったのが嫌でした。
また、人間関係ではなくシンプルに仕事のことだけで行けば繁忙期である2月、3月は現場の数も多く、スケジュールもタイトであるため、肉体的にかなり大変でした。
一番大変だった現場はエレベーターがメンテナンス中のマンションへの搬入になります。
運送仕事ではどこに対しても言えることですが、運ぶものを傷つけては行けないので、それを気をつけながら階段で全て行うのが大変でした。

【大変だった期間】
大学卒業まで2年続きました。




【当時の心境】
バイトを始めた当初は友人と働けることに加えて時給も高くお金が稼げると思ったので、楽しく通っていました。
ただ、癖があり自分と相性の合わない正社員がいることが分かってからはあまり楽しくない時も出てきました。
特にその方と一
緒に現場に回る日は憂鬱でした。

【職場が大変だった原因】
職場が大変なのは、主に人間関係と仕事量(現場)の多さの2つがメインの理由だと思います。
なので、これ私に落ち度はなかったと思います。




【仕事で良かったこと】
充実していたことは、友人と一緒に色んな現場に行って引っ越し作業を行なったことです。
友人と声を掛け合って、重い荷物を運んだことは今でも覚えていますし、私の財産だと思っています。
もし叶うなら、もう一度友人と引っ越しバイトをしたいです。




【特にひどかった最悪の出来事】
特にひどい最悪な思い出は、癖のある正社員からの指示でデスクやチェアを運んでいましたが、なんと現場が違っており
それに気づいたのがもう全ての物を運び終わる寸前でした。
そこからはまた、トラックに運んだ物を戻す作業でした。
この現場にエレベーターがあるのは、良かったですがサイズが小さいのとスピードが非常に遅く階段を使った方が早く運べるため、今までにない集中力で物を運びました。
次の現場の搬入時間もあり、かなりタイトなスケジュールで皆がヘトヘトになっているにも関わらず、間違った指示をした正社員はタバコを吸って休憩しており、その時ばかりはブチ切れそうになりました。
もう一人現場に正社員がいたため、その方から、物を運ぶように注意してもらいましたが、謝罪もなくかなりモヤモヤが残りました。




【相談した人・助けてくれた人】
相談した人は友人と家族です。
愚痴をよく溢していたのも友人です。
その友人の紹介で引っ越し屋のバイトを始めたので、友人から癖のある正社員のうまい扱い方を教えてもらい立ち回り方を考えたり、仕事のフォローをしてもらいました。

【改善のための行動】
仕事が大変なことを改善するために頑張ったことはありきたりかもしれませんが、よく社員の方やバイトの方、派遣の方と満遍なくコミュニケーションを仕事の始まる前や仕事の最中、終わった後に行い、ミスを減らしたり効率よく物を運んだりしました。




【現在の状況と心境の変化】
引っ越し屋の仕事を卒業してから3年が経ちました。
引っ越し屋のバイトの方が肉体的に辛かったですが、若かったこともあり夜更かししてもへっちゃらでした。
ただ、社会人になり
肉体的に疲れることよりも精神的に追い詰められることの方が自分には堪えるということが分かりました。
また、以前よりも若くないので、バイタリティも減ってきているので、今の仕事の転職も考えています。

【学んだこと】
私が学んだことは、世の中には一定数理不尽に怒る人や周りのことを考えずに偉そうな態度を取る大人がいると言うことがわかりました。



【当時の自分へのアドバイス】
今思えば引っ越し屋のバイトを経験して良かったと思います。
社会人に今はなって3年が経ちましたが、世の中に理不尽に怒る人や意見を言う人は一定数おり、そういった方への耐性が学生のうちにしっかりと身につけることができたので、当時の自分へアドバイスを送るとしたら社会勉強の一つだと思って、しっけりと乗り越えなさいと言うと思います。